インプラント治療の流れ

インプラント相談・基本検査
インプラントドクターによる口腔内診査、歯周病検査、虫歯検査、顎関節部の診査、パノラマレントゲンによる診査など

精密検査
CTによる歯槽骨レベル、下歯槽神経や上顎洞の位置の把握、インプラントを埋入する場所の骨密度の把握

インプラント埋入手術
本数にもよりますが、1時間?1時間半くらい必要となることが多いです。

消毒・抜糸
インプラント埋入後は、傷口が化膿しないように周囲の消毒を繰り返すと共に、周囲組織の治癒促進のために、炭酸ガスレーザーを繰り返し照射していきます。

来院日は、インプラント埋入翌日、3日後、1週間後と徐々に期間を長めにして、経過を診ていきます。その後は2週間後、3週間後・・・と経過を診ていきます。

抜糸は1週間から2週間後に行います。

3週間から4週間経過したら、軟毛の歯ブラシから始め、徐々に歯磨きを元に戻していきます。

歯磨きが十分に行えるようになる前には、グルコンサン・クロルヘキシジン溶液による定期的な洗口をお勧めしています。

歯の装着
インプラントが歯肉・骨に十分なじんだら(3ヶ月?半年)、インプラントに歯を被せる治療を進めていきます。

メンテナンス
インプラントは仮に問題が生じても、痛みが出にくい構造をしています。

そのため、痛みがなくても、特に不自由を感じていなくても、定期的に当院に来院していただく必要があります。

インプラントを長持ちさせるために、定期健診とプロフェッショナル・ケアを受けられることを強くお勧めしています。

インプラントをすることで、わたしの毎日の生活はどのように変わるのでしょうか?その3

⑦ これまで肩こりに長年悩まされて、これまで整体院にかなりのお金と手間を費やされていた方がおりました。今回インプラントを受けて、咬み合わせが安定してからというもの、整体院に通う頻度がかなり減ったそうです。整体院に費やす費用よりもインプラントの治療費の方が安かったので、浮いたお金で先月ご友人と香港に旅行に行かれて美味しいものをたくさん召し上がってきたそうです。
⑧ 入れ歯を外すと人相が変わるので、大好きな旅行にも次第に出かけることも少なくなっていた方が、インプラントをされてから、若いころのように旅行に出かける自信がよみがえってきて、先日友人と台湾に旅行に出かけておいしい料理をたくさん召し上がったそうです。
⑨ 趣味でサックスをされていた方がいました。年々歯の数が少なくなってきており、その度に音の出し方を調節するのに苦労されていたそうですが、先月ついに総入れ歯になりました。入れ歯が落ちてきてサックスを続けるかかなり迷ったそうです。そんな時インプラント治療の存在を知り、食事における問題も趣味においての問題も同時に解決されたそうです。

インプラントをすることで、わたしの毎日の生活はどのように変わるのでしょうか?その2

④ カラオケが趣味の方がいました。入れ歯を入れていると歌に集中できないことを以前から悩まれていました。インプラントにしてからは自信を持って歌うことが出来るようになり、ついにはカラオケ大会で優勝されたそうです。
⑤ これまでは毎回の食事で苦労されていた方がいました。インプラントをされてからというもの、外食が大好きになって、友人と鹿児島に旅行されておいしい鯛のお刺身をたくさん召し上がってきたそうです。
⑥ これまで外食というと、食後に入れ歯を洗いたい気持ちになるけれど、中々そうもいかないので、次第に外に出かけなくなっていた方がいました。インプラント治療をしてからというもの、これまで断ってきた親戚の結婚式や法事にも自信を持って参加できるようになったそうです。

インプラントをすることで、わたしの毎日の生活はどのように変わるのでしょうか?その1

① お孫さんに『何を話しているのか分からない。』と言われて悩んでいた方が、インプラントをされて、『孫が3日に一度電話をくれるようになった。』と喜んでいました。やはりインプラントでは発音が明瞭になるのでしょうね。
奥歯がない状態を放置されていた方が、インプラントをされてから、腰の痛みがなくなり、旅行や外食に出かけるのが楽しくなったそうです。先月、北海道に旅行に出かけて、たこやつぶ貝などの新鮮な海の幸をおいしく食べることができたと報告してくれました。
③ 先日インプラントをされた方が、ゴミを出しに出かけた時に、お隣の奥さんに『肌の色つやがいいわね。化粧品何を使っているの?』と言われたそうです。でも、実はそのときスッピンだったそうなんですよ。

インプラントはわたしの歯にどのような影響があるのでしょうか?

入れ歯を使用されている方は、当然のことながら、健康な時と比較すると残っている歯の数は少なくなっています。
一方、咬合力、すなわち咬む力は、健康だった20代と歯を失った現在とで、実は大きな変化はありません。
たとえば、20代の健康な頃の歯の数を28本、現在は14本としましょう。
28本でも14本でも同じ量の力が上下の歯にかかるとすれば、一本当たりの歯が受け止める力は現在の方が圧倒的に大きくなっています。
(詳しくは別ページにリンクで、アイヒナーの分類の説明)
たとえ話をするなら、28人でおみこしを担いでいる状態とその半分の14人で同じおみこしを担いでいる状態とを比較しているのに似ています。
疲労がたまって少しずつおみこしを担いでいる人が減ると考えると、28人が27人になるのよりも、圧倒的早いスピードで、
14人は13人、12人・・・と減ります。
この負のスパイラルに入った状態にストップをかける方法はインプラントしかありません。
インプラントで、放っておけばなくなる歯の寿命を延ばすことが出来るのです。

このページの先頭へ