インプラント治療の流れ

インプラント相談・基本検査
インプラントドクターによる口腔内診査、歯周病検査、虫歯検査、顎関節部の診査、パノラマレントゲンによる診査など

精密検査
CTによる歯槽骨レベル、下歯槽神経や上顎洞の位置の把握、インプラントを埋入する場所の骨密度の把握

インプラント埋入手術
本数にもよりますが、1時間?1時間半くらい必要となることが多いです。

消毒・抜糸
インプラント埋入後は、傷口が化膿しないように周囲の消毒を繰り返すと共に、周囲組織の治癒促進のために、炭酸ガスレーザーを繰り返し照射していきます。

来院日は、インプラント埋入翌日、3日後、1週間後と徐々に期間を長めにして、経過を診ていきます。その後は2週間後、3週間後・・・と経過を診ていきます。

抜糸は1週間から2週間後に行います。

3週間から4週間経過したら、軟毛の歯ブラシから始め、徐々に歯磨きを元に戻していきます。

歯磨きが十分に行えるようになる前には、グルコンサン・クロルヘキシジン溶液による定期的な洗口をお勧めしています。

歯の装着
インプラントが歯肉・骨に十分なじんだら(3ヶ月?半年)、インプラントに歯を被せる治療を進めていきます。

メンテナンス
インプラントは仮に問題が生じても、痛みが出にくい構造をしています。

そのため、痛みがなくても、特に不自由を感じていなくても、定期的に当院に来院していただく必要があります。

インプラントを長持ちさせるために、定期健診とプロフェッショナル・ケアを受けられることを強くお勧めしています。

このページの先頭へ